EF500-901実車の概要

登場時

更新後(広島工場にて)

この機関車が初めて人々の前に姿を現したのは1990年のことでした。重厚かつヨーロピアンなスタイルはこれまでにない斬新なもので、同時に登場した兄弟機のEF200-901と共に新しい時代を感じさせるデザインでした。この頃はまもなく交直流区間(東北本線・日本海縦貫線)の貨物列車牽引機はすべてこのEF500に置替わっていくものと思われていましたが、結果的に量産されたのは東海道本線用の直流機EF200だけでした。なぜEF500が量産されなかったのか定かではありませんが、その後登場するEH500やEF510にその試験結果が活かされているに違いありません。しかし他の機関車にはない圧倒的な重量感と迫力は車輛限界一杯の車体、定格出力6000kW/hという超ハイパワーを誇るEF500ならではといえるでしょう。今は車籍もなくJR貨物広島工場の片隅にひっそりと佇んでいると伺っています。幻となってしまったハイテク電機EF500を是非あなたの鉄道でよみがえらせてみませんか。


EF500実車データ

竣 工平成2年(1990年)7月

製造メーカー川崎重工・三菱電機他

機関車方式インバータ制御方式交直流電気機関車

電気方式直流1500V、交流20kV 50/60Hz

軸配置Bo-Bo-Bo

運転整備重量100.8t、軸重16.8t

主要寸法車体長20,000mm、車体巾2,905mm、車体高さ4,280mm

機関車出力定格出力6000kW、定格引張力26600kgf、定格速度81.2km/h

台車低心皿Zリンク式・1段歯車減速・ころ軸受つり掛け式

軸箱支持方式軸梁式

枕バネ方式空気バネ式

歯車比4.44(71/16)

保安装置ATS-S、緊急列車停止装置、列車無線、防護無線

制御方式パルス幅変調電圧計インバータ制御

ブレーキ方式発電ブレーキ併用電気指令セルフラップ式空気ブレーキ・増圧装置付

踏面ブレーキ両抱式ユニットブレーキ

留置ブレーキバネ式(ユニットブレーキ内蔵)

主変圧器単相50/60Hz、連続定格、外鉄形、送油風冷式

(定格容量7660KVA/3860KVA×2)

主整流装置混合ブリッジ及びダイオードブリッジ2段縦続接続2群構成、強制風冷式

(定格出力3700kW×2)

インバータ装置4500V、3000AGTO、1S1P6A、非侵漬形沸騰冷却風冷式

(1時間定格1150KVA×6)

主電動機3相かご形誘導電動機、強制風冷式

(1時間定格1000kW、1100V、645A)

補助電源装置静止形GTOチョッパ、トランジスタインバータ式

(定格出力150KVA×2)


参考資料:日本貨物鉄道株式会社発行「EF500-901形式 高速大出力 交直流電気機関車」より

戻る

 
[PR]動画